シーズーがやってしまう「拾い食い」をやめさせるに

シーズーの飼い主さんのなかには「散歩中に拾い食いをしてしまう」という悩みを持つ方が多いのではないでしょうか。

拾い食いは、犬の本能的に備わっている狩猟本能が要因で起こる行動です。

好奇心旺盛な性格のシーズーは、特にそのような行動をとってしまうようです。

しかし、拾い食いにはたくさんの危険が潜んでいます。

ワンちゃんにとって毒性が強いもの、腐敗物、喉に刺さる恐れがある突起物などを飲み込んでしまうと命にかかわります。

また、他の動物の便などを口にすると経口感染し、内部寄生虫にかかわる病気になってしまう例も少なくありません。

散歩中には気を付けなければいけない、ワンちゃんが口にすると危険なものには大きく5つあります。

① 農薬や殺虫剤畑のそばを歩くときには、害虫や害獣駆除の目的で薬がまかれていることが多いため、気を付けなければいけません。
② 観葉植物や野菜、有毒植物庭先に落ちている梅の実や、クリスマスによく飾られるポインセチアやツツジなど、私たちの周りに何気にあるものが、犬にとっては有害なものがあるので注意しなければいけません。
③ 焼き鳥の串やつまようじなどの突起物ポイ捨てされているお弁当容器に入っていることがあるので注意が必要です。
④ 動物の糞や死骸誤って口にすることで経口感染し、寄生虫にかかわる病気にかかる恐れがあります。
⑤ たばこの吸い殻やガムタバコに含まれるニコチンは水に溶けやすいため、雨で濡れた吸い殻には特に注意が必要です。また、キシリトールは犬にとって有害なため、道端のガムのポイ捨てにも注意しましょう。

散歩中に拾い食いをやめさせるコツは、日々のトレーニングです。

行動をとめる、許可を取るまで勝手にモノを食べさせない「マテ」は拾い食いを防ぐのに最も重要な指示です。

普段の食事や遊びの中でトレーニングするのが大切ですね。

また、万が一口に入れてしまったときの「チョウダイ」の指示も、おもちゃなどを通じてトレーニングしておくと役に立ちます。

そして、犬の命を守るために飼い主さんも散歩中は視野を広く持つことが大切です。

危険なもの、ワンちゃんが興味を持ってしまいそうなものを避けて歩くなどの対策で、拾い食いを未然に防いであげることも必要です。