相続相談の注意点

相続相談を税理士にする際に、大切なことがあります。もちろん、こういった相談は税理士にするのが良いとされているのですが、その税理士が相続に関してどの程度、力を入れているかどうか、見極めることが大事です。もし、相談相手の税理士が相続問題に慣れない人でしたら、知りたいことを教えてもらえなかったり、相談を後回しにされてしまうかもしれないという可能性が考えられます。相続相談に慣れた税理士かどうかは無料相談の際にチェックしましょう。以下に、そのポイントをご説明いたします。

まず、毎年、どのくらい、相続相談に対応しているか、聞いてみましょう。5件程度が理想です。それより少ないとなると、こういった案件に強くないということです。その事務所に税理士が何人いるかも大切なチェックポイントです。特に小さな事務所ですと、税理士は一人であとは事務員ということもあります。そういう場合ですと、困ったときに対応してもらえない可能性があります。そして、相続人全員に説明が可能であるか、税務調査に立ち会ってくれるか、料金はどのくらいか(安すぎず、高すぎずが良いとされています。)、セカンドオピニオンを他の税理士に頼んでも良いか(渋るようだと怪しいでしょう。自信がないのかもしれません。)等も聞いてみましょう。こういったことで、相続税に慣れた税理士かどうかが分かります。

こういったことを押さえ、税理士の無料相談に臨めば良いでしょう。何と言いましても慣れた税理士に頼むが一番です。個人情報にまつわる大切なことを相談するのですから、税理士は安心、信頼ができる存在であってほしいものです。

参照資料→税理士法人共同会計社
└相続専門の相談室「ソレイユ相続相談室」を運営しています。

相続相談メリット

税理士に相続相談をするメリットをご説明致します。このような案件で税理士に相談することをお考えの皆様、相続について、ご興味のある皆様、ご参考になさってください。

相続税がどのようなものであるか、一般人には分からないものです。その名は知っていても中身までは、理解していないという人がほとんどでしょう。税理士に相談しますと、税のプロフェッショナルであるだけに安心です。求められれば、わかりやすく教えてくれるでしょう。そして、もし親族が亡くなって相続について、もめそうであれば、税理士という第三者が入ることでスムーズにいくということもあるでしょう。こういう時は相続以外でも、何かと大変ですから、少しでも親族の負担が楽になるのは、任せられることは任せる存在がいるということです。信頼できる税理士であれば、そういう存在になってくれることでしょう。

このようなメリットを踏まえ、一族のためにも信頼できる税理士を厳選して、相続相談に臨みましょう。こういったことは、ご先祖さまにも、子孫にも関わることですから、おざなりにしていてはいけません。相続相談はその一族において大事なことですから、慎重にしたいものです。皆様の相続相談がうまくいくことを当サイトは願います。

税に関する相続相談

親の財産を受け継ぐと掛かるのは相続税です。それは肉親の死の悲しみも癒えぬうちに、のしかかってくる大きな問題と言えるでしょう。こういった相続に関する困りごとはどのようにして解決したらよいのでしょうか。

相続税については、専門家の意見を聞くのが一番でしょう。税のプロフェッショナルと言えば、税理士です。このような相続相談は税理士にお任せしましょう。税は一般人にとって、分かりにくい事柄ですし、ましてや相続が絡まってきますといっそうのことです。下手すると、親族同士のもめごとにもなりかねないのが、こういう類の問題ですから、血縁者同士ではなく、あかの他人に中に入ってもらい、適切な意見を聞きましょう。このあかの他人が税理士というわけです。

税理士は、前述しましたとおり、税のプロフェッショナルですから税に関する相続相談は慣れたものでしょう。とにかく、税理士に不明な点等、何でも聞きましょう。その際、多くの税理士が行っている無料相談をご活用されることをお勧め致します。この無料相談は大体30分程度でしょうから、質問を予め決めておき、時間を有効に使いましょう。そして、この質問時にその税理士が相続税に強いかどうか、確認すると良いでしょう。税理士はそれぞれ、こういった案件には慣れていて強いというものがあるはずですから、相続相談に強い人の方が有利と言えます。

当サイトは皆様の相続相談が有意義になるよう、相続相談のメリット、相続相談のデメリットについて、ご説明致します。相続相談をお考えの皆様、近い将来のために、考えておきたいと言う皆様のお役に立てられれば、幸いです。